JA9LSZ Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 白山(2702m)登山

<<   作成日時 : 2017/06/12 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の今日で恐縮ではあるが、本日は山岳会の仲間と白山に登ってきた。昨日姥ヶ岳から眺めた白山を登る・・・というのは感慨もひとしおである。朝5時に集合して旧白峰村別当出合登山口へと向かう。今回のメンバーは私を含め4人であるが、ナント83歳にもなるM氏も同行である。

画像

登りは観光新道から別当出合を6時30分に歩き出し。殿ヶ池ヒュッテまではアイゼンの必要もなく、通常の夏山登山のように登れるが、上部に行くにつれアイゼンの必要がある場所も出てくる。

画像

画像

画像

画像

殿ヶ池ヒュッテ9時到着。ここからは雪渓があったりなかったり・・・上部黒ボコ岩に近いところではアイゼン無しだとやや緊張を強いられるが、何とかアイゼン無しで登り切り10時15分黒ボコ岩着。

画像

弥陀ヶ原から室堂方向は青空で素晴らしい眺めだったが、別山はすでにガスの中、時々弥陀ヶ原周辺もガスで覆われ山頂が見えなくなる時がある。室堂到着10時50分、さすがに日曜は多かったと思われる登山者も平日の今日となってはポツポツと数人がいる程度。

画像

気合を入れて山頂を目指し11時歩き出し、山頂着11時45分!久しぶりの高度でありかなり厳しく感じたが、4人全員頂上で記念写真に納まることができた。それにしても83歳のM氏のパワーは素晴らしい!

画像

画像

画像

山頂から下山後は室堂で昼食。気温9℃くらいだったが陽があたれば暖かく感じ、風が吹き出すと寒い・・・ダウンの上着を出してランチを楽しむ・・・というか何とか腹の中に押し込める。下りもハードだ、エネルギーはしっかり補給しておかないとふもとまではもたない。12時55分室堂を歩き出す。帰りのルートは黒ボコ岩から砂防新道のルートをとった。このルートの積雪具合が気になったが、かなり多い。まず黒ボコ岩直下の急斜面、雪がついたり無かったりでいやらしい。アイゼンをつけたり外したりと面倒なことこの上ない。結局私以外の3人はアイゼンを装着して下ったが、私は持っていたにもかかわらずアイゼンを一度も装着することなく下り切った。(あまりお勧めできないが慣れていればアイゼン無しでも十分下れる、その代わりピッケルやストックは必携)

画像

画像

画像

斜面をトラバースする雪渓が次から次へと現れるが、すべて難なくこなして甚之助小屋へは14時着。雪渓は中飯場と甚之助小屋の中間あたりまで続き結構長い。観光新道と比べると雪上歩行時間は遥かに砂防新道の方が長いので、今後登られる方は装備に気を付けられたい。駐車場16時着。今日は市ノ瀬永井旅館の温泉に浸かって帰宅した。山と温泉はやはり切っても切り離せない・・・

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白山(2702m)登山 JA9LSZ Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる