夢のタイツ?とベルギービール

昨日仕事を終えて深夜に福井の自宅に帰り着いた。
自宅に帰ると、我が家の子供たちからのお誕生日プレゼントが待っていて、その中身は登山に使ういわゆる「サポートタイツ」とベルギーベールである。何とも奇怪な組み合わせだが、ベルギービールは先日娘にリクエストしておいたもの。たまたま近所の酒屋さんでベルギービールが何種類か置いてある店を見つけ、店舗指定で買いに行ってくれた・・・と言うわけである。

画像

ところで「サポートタイツ」の方は、すでにかなりの人が愛用していて「これは絶対にいい!」という評判は気になっていたものの、高価さゆえなかなか食指が動かなかったシロモノである。その効能書きには
・膝のダメージを軽減
・体のブレを抑える
・ふくらはぎサポートが筋肉疲労をケア
さらには、支える力で体を包む・・・etcなどなど、効能書きを読んで、これを使えば富士山でもすぐに上がれそうな気分になってくるが、実際の自分の体はそう言う事をきいてくれるわけでは無い。夢のタイツはあり得ない・・・か?しかし、我が家の子供たち3人でお金を出し合って酒飲みオヤジのために買ってくれたシロモノなのでナニモノにも代え難いのである・・・

昨日は帰宅早々無線機の電源を入れてワッチするとZL8X(Kermadec Island/Newzealand)が40mCWにQRV中。早速Getしたのが0時33分。明けて今朝はいろんなBandでZL8Xの信号が聞こえ、あっという間に10QSO!40mのSSBでもQSOできたのだがこちらは恥ずかしながらBand拡張後、初めての7182KHzでのQSO!アンテナのVSWRが高めなのでアンテナチューナーで同調させながらのQSOとなった。他には朝のPJシリーズを狙っていたのだが、こちらのほうは不発。その代わりに20mCWでP40L(Aruba)、17mCWでPZ5T(Sriname)、30mでZ24EA(Zimbabwe)とQSOできた。お昼頃から30mで聞こえてきたのが、DJ2EHの運用するZD9T(Tristan da Cunha)。お昼ではまだ信号が弱かったので、しばらく待つこととし結局QSOできたのは15時。
現地での同時間帯ではJAの他にEUやNAもOpenしているようで、QSOするのに手間取ってしまった。Pickupした周波数と同じ周波数でとる時もあれば、少しずらしたところでPickupすることもあり相手のクセがなかなか読めなかった・・・(JA以外の局をPickupするとその周波数がわからない)ZD9はSSBでは時々QRVはあるが、CWでは結構な珍である。他に今日はZK2AやZL7VRなどZで始まる局のオンパレードだった。週末のWWDX-CWTestに向けこれから多くの局のQRVがありそうなので朝夕のワッチは重要である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック