SteppIRトラブルシューティング

来月いよいよ発注しておいたクランクアップタワーがやってくる。これが遅れに遅れて、先週またしても1週間遅れるとの連絡が入りもうほとんど諦めの境地である・・・しかし、工事に向けてアンテナの用意はしておかなければならない。ということで親戚の小屋に預けてあった6mの7エレ八木とHFのSteppIR3エレを引っ張り出してきた。昨日土曜日仕事が終わって、暗くなる頃から作業開始するも天気は雨!仕方ないのでBikeやOutDoor用品を収納してある1Fクローク内で店を広げることとした。本来はBike修理などができるように考えて作ったクロークだったが、アマチュア無線のアンテナ修理までできるとは思ってもいなかった・・・(2分割してあったSteppIRのブームがかろうじてクロークに入った)

画像

画像

一番気になるSteppIRであるが、昨年秋まではちゃんと動いていたつもり?だったので問題なく動くだろう・・・と思っていたら何となく動作がおかしい。SteppIRにはエレメントがちゃんと動作するかどうかをチェックするためのTESTモードがある。これを使ってチェックするとDriとRefエレメントはきちんと動作するかDirエレメントがピクリとも動かない・・・そういうと昨年撤収する際もDirだけが50cmほどを残してエレメントが完全に巻き取られていなかった。これはEHU(ElementHousingUnit)モーターが壊れたかと思い、試しにRefのコネクターと差し替えてチェックするとなぁ~んと!きちんと動作するではないか。Cont側からテスターで線間抵抗を測ってみても正常値の範囲内である。問題はSDA100コントローラーにあるようだ。代理店のBeamQuest土佐氏に状況を話すと、懇切丁寧にMailでアドバイスをいただいた。

画像

それによると3本のエレメントをDriveするICがそれぞれ1ヶずつあり、その中のDir用エレメントをContするICが壊れたのではないか?という見解である。幸いSDA-100はもともと4エレ仕様?なのかDir2用のICまで中にSetされている。そのDir2用ICを引っこ抜いて(ソケットになっている)Dir用のICと交換してみてはどうか?という提案である。結果が気になるので本日は早朝からSDA-100の蓋を開けて中のIC交換作業を開始した。ちょうど女子サッカーオーストラリア戦を見ながらの作業となった。

画像

画像

なでしこサッカーの終わる前にこちらの決着はついた・・・ドンピシャ!診断の通りDirをDriveするICの不良であった。土佐氏によると希に雷や静電気でICが破損することがあるとのこと。

画像

今後も同様障害があるといけないので土佐氏にお願いして予備のICをもう1個送ってもらうようお願いした。夢のアンテナと呼ばれるSteppIRであるが、その性能維持はなかなか骨が折れる・・・SteppIRの日本代理店BeamQuest社があるので、あらゆるトラブルに迅速に対応して頂けひじょうに助かる。とてもじゃないが、個人輸入で購入したらトラブル対策で途中で投げ出してしまうのではないか?と思える程である。日本のUserはどのくらいの数がいるのかわからないが、皆さんNonトラブルで運用中でしょうか?
本日は、縮めて収納してあったSteppIR各グラスファイバーエレメントをすべて伸ばしきり自己有着テープとヒシチューブで、いつでも上げれる状態までもってきた。また6mの7エレも何となく組み込み、あとは3本のブームをつなげればOK、それぞれのアンテナケーブルにトロイダルコアも入れてコモンモードノイズ対策もやっておいた。しとしとと梅雨の雨が降る合間を縫っての作業、何とか今日の作業目的は達成できた。あとはDreamBeamの上がる日を待つのみ。

画像

画像

ここまでやっておいてもまだタワーは来ないのである。6mのCONDXはかなり上がってきているので、1日でも早くアンテナ工事を完了したい・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック