6mは開かず・・・

新しいシステムになって初めて迎える週末、6mのヨーロッパは聞こえるのか!?期待していたが聞こえたのは中央ASIAのお馴染みUK8OM他には、BV/BY/HL/KG6といったこの時期の常連局ばかりだった。しかし朝に出てきたハバロフスクのRWφCDは10/6mのCrossBandでQSO、前にもQSOしたがロシア当局も6mの規制は厳しいのか?出てきたRWφCDも6mは出れないので10mでのCrossBandQSOを強くアピールしていた。前には極東地方のロシアの局も結構6mに出てBandを賑わせてくれたのだが最近は厳しくなった?ようだ。

画像

今日は新しいTRCVRの分厚いOwner’s Manualを紐解きRTTYの使用法や、Memory・Scanといった一連の使い方を学習・・・今まで使用していたのがICOM社製マシンが多かったので基本的に大きな違いはないはず・・・と思っていたのだが、なかなかこの7851は奥深くしばらく分厚いManualは手放せない。すぐに取り出せるところに置いてOJTが必要である。
ところでSreppIRのコントローラーといいクランクアップタワーのコントローラーといい、シャックの中はやたらとコントローラーが増えてきた。今日はコントローラーの置き場所とフィルター類を整理、狭いシャックも少しは使いやすくなったか!?

画像

さすがに28mまでの高さにアンテナを上げると、3エレと言えどBeamのキレはこれまでとは全く違う感触である。またノイズが激減して昨年までの苦しみが嘘のようにBand内は静かになった。新しいTRCVRの効果があるのかも知れないが、ワッチするのが楽しい気分である。6mのOPENがないのは寂しい限りではあるが・・・

この記事へのコメント

ja9ljs
2015年07月13日 06:34
LSZさん おはようございます
ついに上がったのですね!ノイズやビームが相当改善されたのが手に取るように伝わってきます。これからが楽しみですね。また、レポされるのを楽しみにしています。
 お手柔らかにお願いします・・・DE JA9LJS Ryo
八原
2015年07月13日 21:13
宮口さん
先日は富山でお世話になりありがとうございました。
7/7~8のFTIさんの工事でようやくアンテナがあがりました。あげた途端に6mのCONDXはガタ落ちで週末は台風?という状況ですが、28m高のアンテナの性能にはひじょうに満足しています。
とりあえずDXCCはすべてCFMしているので、これからは200W運用を中心にして細々とHamLifeを楽しんでいく所存です。よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック