意外と雪が少ない・・・敦賀市岩籠山(765m)

山岳会の仲間4人と敦賀市の岩籠山へ登ってきた。いつも北陸自動車道敦賀IC付近(南向け)から、奥の方に真っ白く光って見える山である。今回はR161駄口付近から頂上を目指した。雪が多かった今年の福井だったが、敦賀付近はそれほどでもなかったのか?国道脇の駐車スペースに車を止めて登り出す。30㎝くらいの雪の上をスノーシューで7時50分歩き出し。

画像

駄口からの尾根道は狭いうえに急な登りも多いが、スノーシューで歩けば快適!昨日あたり?に登ったトレースがありそれに従ってぐんぐん高度を上げていった。362mの奥野山8時20分通過。

画像

677mのピークを過ぎるあたりから雪の量は徐々に増えてくる。夏はブナの葉がいっぱい茂っているところも、今はすっかり葉が落ちてスカッと見通しがいい!

画像

画像

ブナの森を過ぎるとインディアン平原の大雪原が広がる。

画像

画像

画像

画像

画像

山頂直下は真っ白の大雪壁。天気に恵まれたのでよかったが、ホワイトアウトになると迷いやすくひじょうに危険な場所でもある。誰もいない山頂には10時20分到着。山頂気温0℃。

画像

画像

画像

山頂からはやや靄がかかっていたものの敦賀市内や近江の山々を臨むことができた。下りの途中のブナ林の中で穴をベンチとテーブルを作りランチ。気持ちのいい場所だった。

画像

画像

登り口の駄口には12時55分到着。下山の際、京都から来たという12人組の団体さんとすれ違い、さらに下で2人組の登山者に出会った。あまりの早い下山に我々も驚きだったが、帰りは敦賀のリラポート♨で汗を流してゆっくろ帰宅できた

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック