3/17 霧氷が素晴らしい大野市縫ヶ原山(1317m)

私の所属する福井山岳会3月例会山行である。行先は大野市の縫ヶ原山(ぬいがはらやま)で担当はM田さん。
今回は総勢10名のメンバーを揃えての山行となった。この縫ヶ原山は大野市の荒島岳の隣に位置する山で夏道が無いため専ら冬季の登山が中心となる。今回は旧和泉村上大納からの登山だが、R158が先日の大雪雪崩で朝7時まで通行止めのため、解除される7時を待って登り口へと向かい歩き始めたのが7時50分である。さすがに雪深く駐車する場所は2mほどの雪の壁になっていた。登り口から山頂方向を臨むと真っ白で、青空が顔を覗かせ好天が期待できそうな雰囲気である。

画像

歩き出した時点で足元はガチガチに凍っている。8時15分林道から尾根に取り付くところで全員アイゼン装着。

画像

画像

画像

940mほどのピークに9時25分到着。ここまでなかなか厳しい登りだったが、このあとも結構ハードなルートだった。このピークからは山頂へと続く稜線へ向かって、尾根がずっと続いているのが見える。そしてここから先が見事な霧氷の尾根歩きとなった。昨日までの冷え込んだ北風と雨の作ってくれた芸術作品だ。

画像

画像

途中痩せ尾根と崩壊しかけた雪庇上の通過にロープを出した場所が2ヶ所。10人もいると通過に時間をとられる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

1000mを越えると青空と白い雪面&霧氷のコントラストが素晴らしい!しかし、頂上へと続く稜線へ近づくにつれ傾斜は急になり体から汗が一気に噴き出てくる。

画像

画像

画像

11時20分ようやく頂上へと続く1193mの稜線に出た。登ってきた尾根から稜線に出るところは2mほどの雪壁になっていたが、Topを行くK尾さんが見事に乗り越してルートを作ってくれ大雪原に飛び出した。

画像

画像

画像

稜線に出ると山頂まで続くだだっ広い雪原で、その右側にはこれまた素晴らしい霧氷の芸術品が続いていた。まさしく別世界である。稜線上は気温+1℃くらいだが時々吹いてくる北風がひじょうに冷たく感じる。

画像

画像

画像

画像

緩やかなピークを登ったらまたその向こうに少し高めのピークが見える・・・山頂はすぐだと思っていたが、意外にも遠い・・・11時55分ようやく1317mの山頂に到着した。

画像
                   (やっと登ったピークから眺める山頂)
画像

画像
                   (山頂から登ってきた方向を振り返る)
画像
                      (山頂にて 後ろは荒島岳)
山頂付近は風があるため少し下った大雪原の中で昼食にした。私は今回「カレーメシ」をチョイスして持ってきたが、お湯を注ぐだけでカレーの風味があたり一帯に漂いひじょうに食欲をそそられる。5分間待つ間にこれまたカレーパンを食べて腹ごしらえ。周囲の景色も素晴らしく実に楽しい山上のランチであった。

画像

画像

ランチを終えて12時40分下山開始。12時55分1193mのピークを通過、登りにロープを出した個所も雪が腐ってきて難なく通過、やはり雪道の下りは早い。14時45分に林道合流点、車を止めた場所には15時に戻ることができた。帰りが遅くなるとR158の通行止め時間帯(18~翌日7時)にかかることが懸念されたが、思ったより早い下りで途中の温泉施設「平成の湯」にゆっくり浸かって帰ることができた。素晴らしい天候といつもの素晴らしい仲間により充実した休日を過ごすことができ、心地よい疲労感が残る一日だった。

画像
                         (今回歩いたGPSルート)
画像
                         (往復ほぼ10Kmの歩きでした)
詳細はHPにUPしました→http://www5f.biglobe.ne.jp/~ja9lsz/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック