JA9LSZ Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/28 秋山満喫!赤坂山(824m)→三国山(876m)

<<   作成日時 : 2018/10/29 09:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

素晴らしい秋晴れの日曜日を友人たちとの登山で楽しませてもらった。行先は福井県と滋賀県の県境にある赤坂山と三国山。かなり昔にも登ったことがあるが、今回は先々週仕事で美浜町の新庄地区にお邪魔していたこともあり、この美浜町新庄から県境へと延びる「粟柄越え」を歩いて頂上を目指すこととした。

画像
                      (賑わう赤坂山頂上)

福井を朝6時半発。結構雨が降っていたが、これから嶺南地方は晴れる・・・という予報のもと、美浜ICから新庄へと向かい折戸谷の林道を進む。林道はかなり荒れている感がいがめないが、高い車高のFORESTERのおかげで難なく終点の駐車場へ到着。驚いたことに登山口の林道脇にはトイレが設置されていて、地元新庄の方々の心使いが感じられる。

画像
                         (赤坂山登山口 左奥にトイレが2つ見える)
8時25分登山開始。ルートは昔から使われていた「粟柄越え」。江戸時代?から若狭と近江を結ぶ物流の要でもあった峠越えの古道ルートである。登山道はきれいに整備されていてひじょうに歩き易い。

画像

画像

画像

しかし所々で今年何度も襲来した台風の影響か?大木が至る所で倒れていた。それでもこの道を使う登山者が多くいるせいか、すでに迂回ルートの踏み跡がきちんとできていてひじょうに歩き易い。さすがに昔の人が重い荷物を背負いながら越えた峠のルートである。傾斜も緩やかでうまく考えられて道が作られており、途中所々に水場が何か所かある。

画像
                    (今年の大型台風の爪痕か?大木が所々で倒れていた)
画像
                    (江戸時代からの古道 かなり道が掘られている)
9時50分粟柄越えの峠に到着。この県境稜線周辺はなだらかな平原が続いていて、ススキの大平原になっている。赤坂山(824m)の山頂には10時に到着。

画像
                        (赤坂山への登り 後方は琵琶湖)
画像

画像
                         (目指す赤坂山が奥に見える)
画像
                              (赤坂山山頂)
この赤坂山、関西ではかなり人気の山?なのか、滋賀県側から次々と人が上がってくる。みんな山頂で写真を撮って三国山の方へ歩いて行く人や、元来たマキノ町の方へ下っていく人もあり・・・かなりの人数と見た。今日一日で赤坂山のピークを踏んだ人は軽く100人越え?正確にカウントしていればは300人くらいはいるのではなかろうか?(かなり若い人が多い印象だった)赤坂山山頂で少し休憩して隣に見える三国山を目指すことにして歩き出す。下るのはもったいない気もするが、とりあえず「明王ノ禿」を通過、久しぶりに眺める岩峰群は北アルプスの燕岳のようだ。

画像
                   (左に見えるなだらかなピークが三国山)
画像
                        (明王の禿を通過)
画像
                       (明王の禿から振り返ってみる赤坂山)
画像
                        (明王の禿付近から眺める琵琶湖)
画像

一般的には皆さん明王の禿までを往復する人が多いようで、この先三国山まで足を延ばす登山者は極めて少ないようである。明王の禿から先は他の登山者には出会わなかった。敦賀市の黒河峠林道は現在通行止めのようで、こちらから登ってくる登山者もいない。ほとんど全員が滋賀県側マキノ町からの登山者である。11時10分三国山山頂(876m)に到着。ここで昼食にする。山頂はそんなに広くなかったが6人くらいがランチをするくらいのスペースはある。あとから石川県から来たという単独行の方がやって来たが、それ以外は全く人のいない山頂だった。
画像
                             (三国山は3等三角点)
11時55分三国山の山頂を後にして、もと来た道を戻る。帰りも誰にも会うこともなく明王の禿への登り返し。後方に琵琶湖を眺めながらの登りとなる。このルートは高島トレイル上になるようだが、意外と人通りが少なく夏草の繁茂時期は歩きにくいかも知れない。しかし、この時期は広葉樹の森が多く紅葉も楽しみながら歩くことができてなかなかいいコースだった。

画像
                        (滋賀県側から見る明王の禿 岩峰)
画像
                        (明王の禿への登り返し 後ろに琵琶湖)
赤坂山山頂には12時50分到着。相変わらず山頂は多くの人で賑わっていたが、この時間になってもどんどん人が登ってくる。山頂で記念撮影だけして粟柄越えの分岐点から福井県側へ向かって、登って来た道を引き返す。

画像
                              (赤坂山山頂)
画像
 
画像
 
      
画像
                
車を止めた登り口には14時20分到着。落ち葉がイッパイの粟柄越えの古道は歩く人にやさしい、楽しいルートだった。特にこの時期はおススメです。帰りはふもとの新庄地区にあるMIROKU Cafeに寄ろうとしたが満員!こんな山奥のCafeに入るためだけに多くの人が訪れる・・・ということがスゴイ!地元の若い人たちが地域活性化のために頑張っているのだろう・・・粟柄越えの登山道やトイレ、地元のCafe、ニジマス養魚場など小さな集落でありながらも地元の人たちの心遣いが暖かく感じられた登山だった。

画像

画像

三国山まで片道5.67Km標高差515m  FORESTER走行距離往復180q 燃費13.9Km/ℓ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10/28 秋山満喫!赤坂山(824m)→三国山(876m) JA9LSZ Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる