3泊4日佐渡島の旅

本日朝の新潟港行きのフェリーで佐渡島両津港を出発、新潟から4時間ほどかかって自宅に帰り着いた。フェリーはかなり車も人もいっぱいで座る場所は屋外の椅子席しかなかった。連休期間でもありかなりのお客さんで、こつを知っている人はいち早く乗船して室内のいい場所取りをするのだろう・・・要領のわかっている方は多いようだ。
(両津港フェリー乗り場)
IMG_1701.JPG
(今日は車が多かった)
IMG_1700.JPG
(船上より)
P5050257.JPG
(海から眺めた金北山方向)
P5050252.JPG
今日は天気も良く、港から昨日登った妙見山・金北山が良く見えた。まさしく佐渡島のシンボルと言ってもいい山である。
今回の佐渡への旅はつい最近計画したもので宿の手配や登山ルートの調査などは、直近で行ったため不十分だった感がいがめない。かろうじて島へ渡るフェリーだけがうまく手配でき、今回の旅が実現した。佐渡島での登山は必ず届を出さなければならず、今回は佐渡トレッキング協議会の方にルートの積雪状況や地図の発送までやっていただいた。この佐渡島のトレッキングマップというのがひじょうによくできていて、わかりやすく山の地図として最高だった。次回訪れることがあれば、ドンデン山からの縦走にも行ってみたい。佐渡トレッキング協議会へはメールでお願いするとトレッキングマップの他、島一周の地図や観光案内パンフレットなども無料で送ってもらえどれも非常に役立った。今後佐渡島を訪れることを考えていらっしゃる方は一度HPを覘いて見ることをお勧めする。http://www.sado-trekking.com/

今日は帰宅してからいちおう無線の方もワッチしてみたら、VU4W(India Andaman & Nicobar Is)がQRV中。最近ここからは電波が出ておらず久しぶりの入感!しかもFT8は初QSOのEntityである。Path的には何の問題もないところなので信号は強力!出れば6mでもQSOできるだろう・・・とりあえず17/15m2BandのFT8でQSOできた。わずか4日ほど家を空けていただけで、無線の世界では浦島太郎状態で現状を把握するのに時間がかかってしまったがCONDXは相変わらず良好の様子。15mFT8でもJW4D(Svalbird)がJAのパイルをバシバシ捌いていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント